このページは: トップページ の中の 商品撮影Webセミナートップ の中の D教室/撮影実習 の中の 2.商品パッケージの撮影-5.切り抜き/3)箱の直線をきれいに真っ直ぐにするアイデア 4)切り抜きの際の写り込みへの対処

自分で撮りたいネットショップオーナーのための、商品写真撮影Webセミナー

商品パッケージの撮影

5.「切り抜き」

3)箱の直線をきれいに真っ直ぐにするアイデア

   箱の周囲は直線のはずですが、実際には中に入っている商品などの影響により、少しふくらんでしまっているのが普通だと思います。
  周囲の直線がきれいに真っ直ぐであるほど、切り抜き作業は簡単になるので、可能な場合は撮影時に工夫してみましょう。

厚みのある本などをパッケージの
4辺に押し付けるように置く
パッケージの周囲に辞書などの本を置いた画像

切り抜き作業を行っている状況
切り抜き作業が簡単に行えている画像

  パッケージの周囲に厚い本などを押し付けるように置いて、パッケージの4辺を強制的に真っ直ぐにします。パッケージの4辺が、きれいな直線で構成された写真になることで、切り抜き作業が簡単になり、作業時間を短縮できるとともに、きれいな切り抜き写真にすることができます。

4)切り抜きの際の写り込みへの対処

  角版と比べて、切り抜きの場合、写り込みへの対処が格段にやりやすくなります。商品と重ならない限り、商品以外のものが画面の中に写ってしまっていても、無視できるからです。
  例えば、角版ならば、商品の正面への写り込みを調整したい場合、すぐに限界に行き着いてしまいます。しかし切り抜きの場合は、調整できる限界を、大きく遠ざけることができるのです。
  ポイントは商品を背景から浮かしてセッティングすることです。詳しくは次のページで解説します。


境界線

■現在開講中の商品撮影Webセミナー 一覧

■photo-zemi(フォトゼミ)の商品撮影Webセミナー全体のトップページはここをクリック

商品写真撮影無料Webセミナーのリンクバナー
photo-zemi/フォトゼミ・ラボのリンクバナー
商品写真撮影セミナー講師のご依頼はコチラ
千葉県商工会連合会のエキスパートバンク
photo-zemiショッピングへのリンクバナー
商品写真撮影用照明RIFA(リファー)-F40×40cmスペシャルサイトへのリンクバナー
photo-zemiのランディングページライブラリー
アンケートページへのリンクバナー
商品写真撮影ゼミナールphoto-zemi/フォトゼミの運営情報
photo-zemi/フォトゼミ公式facebook