撮影用照明RIFA(リファー)-F80×80cmを使ったファッションモデルの撮影状況
衣類・服の商品写真撮影での疑問

「ライティングが大切なのはなんとなく知っているけど
具体的には、どんな照明を使って
どうやって撮ったらいいのか」

衣類・服の商品写真撮影に必要な照明

照明の重要性は、プロの撮影現場を見たらよくわかります。
商品(被写体)を照らす位置や向きなど
撮影の多くの時間は“ライティング”の調整に充てられているのです。

撮影用照明RIFA(リファー)-F80×80cmを使った衣類の撮影状況などの写真
衣類・服の商品写真撮影に推奨するデジカメ撮影用ライトRIFA(リファー)-F80×80cm

「商品の立体感や風合いを伝えられる写真が欲しい」
それを実現するためには
大きな発光面積で、商品を包み込むようにバランス良く照らせる
上質な“光”が必要なのです。

商品写真撮影用照明RIFA(リファー)-F80×80cmの写真

約80×80cmの発光面積を持つ
【RIFA-F80×80cm】

衣類などを撮影するためには、できるだけ大きな発光面積を持った撮影用照明が必要です。
かと言って、大き過ぎると取り扱いが面倒になるため、得られる効果と使い勝手のバランスを考えたとき、「RIFA(リファー)-F80×80cm」が、ベターな選択となります。

収納時の撮影用照明RIFA(リファー)-F80×80cmの写真
撮影用照明撮影用照明RIFA(リファー)-F80×80cmの蛍光灯取り付け部分の写真

“普通” “当然” “当たり前”を超える
【安全性】

「RIFA(リファー)-F」の蛍光灯の取り付け部分(最大6本の蛍光灯が取り付けられます)は、外観はシンプルに見えますが、その内側は複雑な構造で、しっかりと安全性を保てるように作られています。

法律で日本の電気製品に義務付けられている検査基準を満たしているのは当然ですが、それ以外にも、メーカーの独自検査を実施して、何重もの安全対策が行われています。

さらに、「RIFA(リファー)-F」は、第三者機関にも安全試験を依頼し、実施されたすべての検査基準を満たしていることが証明されています。

ファッションフォトグラファーZIGENの感想
プロ写真家ZIGENのコメント
プロ写真家ZIGENがRIFA(リファー)-F80×80cmを使って撮影したファッションモデル写真例

光で写真は変わり、
照明の選択が撮影作業の効率を左右する。
これは、否定しようのない、事実。

衣類の商品写真撮影においては、上質の光が必要であることは言うまでもありませんが、業務として商品写真撮影を行うのなら、作業効率を高めることも、撮影結果と同等に重要です。

プロが選ぶ撮影用照明【RIFA(リファー)-F】は、10年以上前から、ファッション関連ネットショップの商品撮影もサポートしてきた、最高級の撮影用照明です。

【RIFA(リファー)-F】の極めて優れた操作性が、快適でスピーディーな撮影作業を実現し、撮影者は、商品を魅力的に見せることに専念できます。

商品写真撮影用照明RIFA(リファー)-F80×80cmと笑顔の子供の写真